Gekijourei

現代のシネマ

4 Nov 2020

私がまだ10代の頃は、頻繁に映画館へ通っていました。新しい映画が公開されると、即、見に出かけたものです。

ポップコーンとドリンク片手に大画面で見る映画はデートの場所でもあったし、いろんな思い出があります。

それからレンタルビデオというものが町のあちこちに出来、週末は数本の映画ビデオを借りて過ごしたものです。借りに行ったり返しに行くのが面倒でしたが、返しに行ったついでに新しいビデオを借りる・・・という繰り返しでしたね。映画館もこの時、たまに行ってましたが、6ヶ月もすればビデオになっていたので、ビデオになるのを待つと行った感じで映画館へ行く回数は減りました。

この時が一番、映画を見ていた時期じゃないかな。

月日は流れ、DVDやインターネットからダウンロードできるようになりました。全てではありませんが、タダで映画が見れるようになったのです。この頃からテレビシリーズなるものが人気となってきました。

私が初めて見たのは24(トゥウェンティフォー)というテレビシリーズ。映画のように約1時間半で完結するストーリーではなく、次へとどんどん続きます。見るのを止めるやめ時を見失って、明け方までよく見続けたものです。

そして今、ネットフリックスというものが登場し、月々わずかな料金を払うだけでテレビシリーズや映画が見たい放題です。その代わり、映画の数は減ってきましたね。代わりにシリーズ物に人気が集まっています。

そしてもう一つ、新しい文化と言える動画配信。You TubeやT witchなどで、動画が無料で楽しめるようになりました。ここで動画を配信しているのは、俳優さんたちではありません。全くの一般人が動画を配信して、一般人が多く見ているのです。ユーチューバーという職業もあり、動画配信でたくさんの視聴者を持っています。

私はどの時代が良かった、というわけではなく、この時代と文化の変わりように適応してその時間を楽しんでいます。映画館へ行くのも楽しかったし、レンタルビデオで映画を見まくっていた時代も楽しかったし、ダウンロードしてテレビシリーズを診始めたときも楽しかったし(それに比べると今の方がずっと楽で便利ですが)、今では動画配信を楽しんでいます。

ちなみにカジノもオンライン上で楽しめる時代となり、私はそんなカジノのゲーム配信(めちゃシコというサイトの管理人によるプレイ配信がおすすめ)などをよく見ています。これらの配信は全てタダ! 若い時にお金を費やしていたことを考えるど、実にいい時代になったな、と痛感しています。